地元:小田原で30年 少人数で学校密着指導を行う学習塾

夏期特訓

  • HOME »
  • 夏期特訓

2018夏期特訓体験生受付中

講習会日程

学年 日程 科目 時間/日
小学生 前期:7/23(月)~8/3(金)
後期:8/20(月)~8/29(水)
国語・算数 50分
中学1年生 前期:7/23(月)~8/7(火)
後期:8/20(月)~8/29(水)
英語・国語・数学・理科・社会 50分×2
中学2年生 英語・国語・数学・理科・社会 50分×2
中学3年生 英語・国語・数学・理科・社会 50分×3
高校生 英語・数学+映像授業 50分×2

時間割は教室によって異なります。詳しくは各教室のページで発表いたします。

講習会特別イベント

社会見学

日程 7/25(水)
行き先 山梨県立リニア見学センター
対象 小学生(無料)・中学生(有料)
実用化を目前に控えたリニアモーターカーの実験施設を見学に行きます。センター内のリニア見学館には、世界最高速度を出した試験車両の実物や、リニアの原理を学べる体験装置があります。実際の車両に乗ることは出来ませんが、リニアシアターで時速500kmを体感できます。

実際に走行するリニアモーターカーを見ることも出来ます。2階の屋外見学テラスに出れば、ガラス越しではない生の音と風を迫力たっぷりに体感できます。

理科で学んだ磁石の知識を応用すると、人々の生活を大きく変える最先端技術につながる。教科書の先にある知的好奇心に触れましょう。

夏期特訓を体験する小学生も授業の一環として無料で参加できます。当学院の講師が責任を持って引率していきます。中学生も希望する方は有料で参加できますので、お声がけ下さい。

ネイティブと英語で小田原街歩き

日程 8/5(日)13:30~15:45
集合場所 小田原市民交流センターUMECO
対象 小学生(有料)・中学生・高校生(無料)

毎年継続して実施しているネイティブと話す英会話イベント。今年は地元:小田原城址公園を中心としたエリアで行います。

街歩きをしながら、一緒にゲームをしたり、クイズを解いたり、おしゃべりを楽しみます。ポイントはシャイにならず、積極的に英語を発すること。ネイティブの先生たちは間違えても頭ごなしに否定しません。きちんと相手の言いたいことを受け止めて、正しい言い方を教えてくれます。

夏期特訓を体験する中学生・高校生は授業の一環として行いますので無料で参加できます。英語に興味のある小学生も有料で参加できますので、積極的にチャレンジしてみて下さい。

自信のない子たちのために、今年は事前研修として、会話でよく使う表現を学びます。もちろん事前研修もプログラムの一環ですので、街歩き参加者は全員受講してもらいます。事前研修は8/1(水)を予定しております。

講習内容

小学生中学1・2年生中学3年生高校生

国語

くわしくなろう日本語のルール

夏期講習の国語では文法を学びます。といっても文法そのものではなく、読み取りで使える実用的な文法を、です。国語で最も重要な読み取りを正確に行うには、文章全体を細かく分けて見る必要があります。文法の学習を通じて、読み取りの基本を理解し、練習し、実践することでより深い知識の定着を目指します。

算数

算数は学年ごとに細かくカリキュラム設定されています。

小3

『円と球』を中心に復習をします。円や球と言うと、中学生でも「えっ」と嫌な顔をする単元です。苦手意識を持たせないために、これらの性質を勉強します。浮き輪やビーチボールも円と球、プールに行ったら思い出しましょう。

小4

『垂直・平行と四角形』を中心に復習をします。三角定規を2つ使って平行な線を引く、これは、中3の理科でも使用する技法です。毎年、多くの中3が初めて聞いたというような顔をするので、復習することになります。先まで使う知識です。正しく覚えましょう。

小5

『小数÷小数』を中心に復習をします。算数の中で、最も難しい単元です。筆算で計算するときには、小数点を動かさなければならない。商に使う点と余りに使う点は異なる。1つの計算をするだけでも注意点が複数あります。『小数を制する者が算数を制する』言い過ぎではないと思います。

小6

『文字と式』を中心に復習をします。文字は便利なのです。例えば偶数。全てを書き出すことはできませんが、文字を使うことで2nというように、無限にある偶数を表すことができます。しかし、文字と数字という種類の異なるものを同時に扱うので、戸惑う生徒が多くいます。演習を重ね、文字の便利さを感じましょう。

第2回テストに向けた予習を万全に

夏休みを終えると、各中学校はすぐに定期テストに突入します。長期休みのメリットを活かして、充分に予習を進め、試験範囲を先取りします。

夏期特訓が終わったときにはすぐにでもテストを受けられる状態にするには、質の高い授業に加えて演習も欠かせません。エコール学院のハイブリッド授業は、授業+演習の2段構え。演習授業や宿題でたっぷりと演習をこなし、確実に定着を図ります。

第1回テスト範囲の復習も

第2回テスト範囲はとても狭く、6月後半~7月中旬に学習した内容が中心です。そのため、例年第1回テストの範囲からも数多く出題されています。

夏期特訓後半では試験の対策として、今までの復習にも取り組みます。試験範囲を習い終えているため、時間的に復習をする余裕が生まれます。決して演習の漏れがないようテストに向けて万全の準備を目指します。

入試に向けて予習を進める

中3生の最大の目標は高校入試。それを考えると、一部の学校を除き、大部分の学校の学習ペースではとうてい間に合いません。夏休みは全力で予習を進め、入試対策がスタートする秋までに教科書を学習し終えるペースに乗せていきます。

とはいえ定期テストの得点も取らなくてはいけません。夏期特訓後半は第2回テストの試験範囲に戻り、充分に時間を確保して演習に充てます。残り2回の定期テストで成績を上げるだけ上げきって、入試に向けて少しでも優位な状況を作ります。

映像授業+個別指導でテストへの備えを

指定校推薦を目指す生徒を対象に、映像授業で9月以降の授業を先取り学習します。英語・数学とも学校の教科書に完全準拠した授業を視聴することが出来るため、どの高校へ通っていてもベストな学習内容を受講できます。

学校の課題も手を抜くことは出来ません。映像授業に加えて個別指導も行いますので、一人一人の課題に合わせた綿密な指導が可能です。映像授業で理解し、学校の教材を進めるにあたり、講師の細かいサポートが大きな励みになるでしょう。

受講費用

夏期講習の前期または後期のどちらかを体験できます。授業の内容は学院生とまったく同じ内容です。初めてエコール学院の体験をされる方は体験特別費用のみで受付いたします。

小学生 中学生 高校生
体験特別費用
2,000円
体験特別費用
3,000円
体験特別費用
3,000円

※全て税込の金額です。
※以前に体験をしたことがある方は通常料金で受付いたします。詳しい金額はお問い合わせ下さい。

受講までの流れ

お問い合わせ
まずはお気軽にHPまたはお電話でお問い合わせ下さい。お電話の場合は、学校名・学年・希望する教室などをお伺いします。お問い合わせページはこちらです。「お問い合わせ内容」に「夏期特訓体験希望」と記入していただくとスムーズです。
手続き日時のご案内
手続きのため教室にお越しいただく日時をご案内いたします。HPからお問い合わせいただいた場合は、教室責任者からメールまたはお電話で連絡いたします。
面談・申し込み手続き
教室にて面談を行い、現在の学習状況・要望などをお伺いします。その後、ご納得いただいた上で申込書への記入と体験費用の納入をお願いします。
体験開始!
いよいよ講習会初日を迎えます。あっという間の9日間ですが、参加して良かったと実感していただけるような充実した内容になるよう全力で指導にあたります。

体験・問い合わせはお電話かホームページで TEL 0465-22-1343 電話受付時間:平日14:00~22:00

PAGETOP
Copyright © エコール学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.