昨年の夏に実施した『英語で街歩き』ですが、アメリカ人の講師が来ないというトラブルに見舞われました。幸い当学院の講師の指導によりイベントを実施しましたが、それにしても、本来の目的である『ネィティブと話をする』という目的は達することが出来ませんでした。

そこで今回改めて『英語で街歩き リベンジバージョン』を実施しました。

室内で会話

生徒たちを3チームに分け、それぞれのグループが3人の先生のところを回ります。

先生たちはそれぞれ違う質問をします。例えば『好きな色は?』とか『好きな食べ物は?』などです。

今回手伝ってくれたのは、当学院で英語を教えているスージーさんとそのお友達のコンラッド、ロバートの三人です。それぞれの先生が英会話教室を開いているので、生徒の扱いがとても上手です。

始めは緊張に包まれていた会場は、次第に笑い声に包まれていきました。

ゲーム

隣の生徒が言った言葉(英語)から連想される言葉を次々に言っていきます。『春といえばなあに?』とスージーさんが質問すると、次の生徒は『桜』、『桜といえばなあに?』………と言葉をつなげていきます。

コンラッドは好きな曲・歌手を聞いていきます。みんなそれぞれが答えていきます。

ロバートは部屋の中で色探しクイズです。ロバートが言った色を部屋の中から探し出します。

一定の時間でローテーションし、三人の先生のところを生徒たちか回りました。

アウティング

ここからは街歩き、それぞれのグループが街へ繰り出していきます。お城を中心に1時間かけておしゃべりをしながら回りました。

前回参加していたのに用事があり参加できなかった生徒が何人もいて残念でした。

スージーさんいわく、『外を歩いていると、みんな話を聞いているだけでしゃべろうとしないので、屋内で全部のプログラムをやったほうがいい。』とのことです。

次回に生かしていきたいと思います。

 

 

 

2019夏期特訓体験生募集中