定期テストまであと1週間となりました。

初めての定期テストに向けて初々しかった中学1年生もだんだんと戦う目になってきました。

今年の中学1年生のいいところ。それはめちゃくちゃ質問してきてくれること。
特定の子だけが質問してくるわけではありません。みなまんべんなく質問してくるのがまたいい。

モヤモヤをそのままにしておかない

これはふだんから私が生徒たちによくいう言葉です。わからないことをそのまま放っておくのはよくない。その場で解決できるかもしれないから質問をしよう。

それを実践してくれている。

あの子が質問しているから私もしてみよう。みたいな連鎖を感じるのもまたいい。

そうか!質問していいんだ!」ってみんな臆することなく聞いてきてくれる。

単純に答え教えてみたいなものではなく、「さっきの○○をもう一度説明して下さい」とか「ここの問題なんですけどどうして答えがこうなるのかがわかりません。」と戦う姿勢満々の質問だからこっちも熱が入る。

そして自分なりのメモをノートに書き込む。

表現力も勉強方法もまだまだだが勉強に取り組む姿勢に関しては将来性をひしひしと感じる雰囲気。

「うん、悪くない。」

中には集中力が途切れがちだったり、小学校までの基礎的な知識に不安のある子もいるが、この先伸びる余地を多分に感じた。

「彼らを伸ばしたい」といつも以上に強く思う梅雨空の塾講師であった。

この記事を書いた人

加藤 正和
加藤 正和
足柄駅前教室責任者/文系科目担当/時事モンGOの中の人

・「熱しにくく、冷めにくい。」一度火が付いたら止まらない性格。
・「書けそうで書けない絶妙なポジションの漢字」を探すのに夢中。

ユーミンとサザンとミスチルと中島みゆきとももクロをこよなく愛しております。でも最近のヘビロテはヒゲダンです♪
ビールと日本酒をこよなく愛しております。
したがって、カラオケと居酒屋をこよなく愛しております。

めったにブログ書きませんが
筆無精の「全力」をご覧ください。